關於部落格
  • 23686

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

君は死ぬことについてどう思う?

最近、色々な事があった、実はちょっと疲れたなあ。でも、それは人生についてよく考える機会かもしれない。ほかに、一体どうやって生きた方がいいも詳しく考える必要がある。

 

一年前、日本の映画のスイーツレン(Sweet Rain)を見て、ブラーグで死ぬについて文を書いた。映画の中で、死神がいつでも、どこでも、残る日が少しく持ってる人とあったら、あの人に君は死ぬことについてどう思うと聞かなければならない。そんなときに、私たちがどうやって生きた方がいいを考え始めた。それはずいぶん遅くなるでしょう?

 

この社会にいい評価を持ってあげたいし、欲しい生活を作るし、それに自分を探する為に、私たちは複雑な方を選ばなければならないかもしれなて、簡単な方が時々忘れてしまいました。もしかして簡単な方はそんな事ができないの?私はそう思わない。

 

本来の自分はどう?どんな状態で簡単に楽しくなる?どんな理由を持ってもいい、これは一番大切で、忘れではいけない問題だと思ってる。ただ現実には、複雑で、欲しいくない事が確かに来ることが何回もあった。その時、いくら考えでも、どうやったらいいかは全然分からないし、その事についてどうやって思う方がいいも分からないし、いつもどうして事がそんなに複雑にならなければならないと思ってる。しかし、いくら考えても役に立たなくて、答えも見えない。きっと考え方向がまちがえるんだ。

 

もし楽しくて、簡単な生活を作りたかったら、同じ考え方を持ってえいなくてはいけない。まず、本当に何か大切で、なくさない物を必ずちゃんと分かって、そんな気持ちを覚えて生きたらいいと思ってる。ほかの事は大切じゃなくて、捨ても全然大丈夫かもしれない。複雑な状態で「どうして」や「どうやったらいい」と聞くより、自分に一体何が一番欲しいかや生活と聞いて、自分にはっきり答えなさい。

 

複雑な事を持ながら、正しくて楽しくて生きては無理だ。忘れ方がいい事をちゃんと忘れて、捨て方がいい事をちゃんと捨てて、それが必要なんだよね。

 

 

実は簡単で、楽しい人生があまり難しくないけど、簡単で楽しい生活方法が確か忘れ易い。もし、複雑な状態に入って、どうしたらいい?正解はあまり難しくない。自分にもし明日は最後の日だら、とやってしたいと聞くと、正しい答え見つけるかもしれない。

 

誰か私に君は死ぬことについてどう思うと聞いてあったら、私がきっと正しく生きたら、いつでも死ぬ日が来てもいいと答えるよ。

 

  

 

なつみ

 

 

 

 

P.S. 文字不算短,欲知中文請內洽。 

 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態